ノロウィルスが流行っています

|2015年12月27日

《ノロウイルス感染症の症状》
ノロウイルスは、乳幼児から高齢者まで、広い年齢層で急性胃腸炎を引き起こします。流行シーズンは初冬、潜伏期間は1?2日、主な症状は吐き気、嘔吐、下痢などです。
学校や保育園、高齢者の施設など集団生活の場では感染が広がりやすく、集団感染を引き起こすことも多くあります。
そして2015年、新型のノロウイルスが発生しており、注意が必要です。新型は従来の変異型で、多くの人が免疫を持っていないため大流行の恐れがあると見られています。ただし、症状や予防法などは従来のものと変わりません。

《感染経路》
? 人から人
ノロウイルスを含む便や吐しゃ物を触ったり、舞い散ったものを吸い込んだりして感染。
? 人から食品、そして食品から人
ノロウイルスに感染した人が、十分に手を洗わずに調理することで食品が汚染され、それを食べた人へ感染。
? 食品から人
ノロウイルスに汚染された生牡蠣や二枚貝を、十分に加熱せずに食べて感染

《感染予防》
ノロウイルスの予防には、ウイルスを口に入れないことが重要です。日常生活において以下の3つに気を付けましょう。
? 手洗い、うがいを徹底。
? 食品は十分に加熱。(85℃、1分以上)
? 調理場や調理器具などは、ウイルス除去。

《感染してしまった場合》
ノロウイルスは感染力が強いため、家族で感染者が出た場合は感染予防の対策が必要です。
まず感染者はなるべく家族と隔離し、トイレや洗面所など共有スペースはこまめに消毒を行いましょう。
吐しゃ物や便にはウイルスが大量に含まれており、さらに乾燥すると浮遊して空気感染を起こしてしまいます。消毒してウイルスを除去すると共に、乾燥する前に取り除くことがポイントです。
処理する人は使い捨て手袋、マスクを着用し、全てビニール袋に入れて密封して廃棄しましょう。

《消毒方法》
85℃以上で1分以上加熱するか、次亜塩素酸ナトリウムによる消毒が効果的です。(※ちなみに、アルコールはノロウイルスには効果がありません)

次亜塩素酸ナトリウムは薬局やインターネットで購入できますが、家庭にある塩素系漂白剤にも含まれることが多いので、水で薄めて代用できます。
用意するものは、
塩素系漂白剤(次亜塩素酸ナトリウムがふくまれているもの。市販のものはだいたい5%ぐらい)、ペットボトル、水の3つだけです。

・吐しゃ物や便が付着した床やトイレ、衣類など→0.1%
500mlのペットボトルに、通常水が入っている程度の水と、ペットボトルのキャップ2杯分(10cc)の漂白剤を入れる

・おもちゃや調理器具、直接手で触れるところ→0.02%
2Lのペットボトルに、通常飲料が入っている程度の水と、ペットボトルのキャップ2杯分(10cc)の漂白剤を入れる

漂白剤は薄めると効果がなくなるのが早いので、毎日新たに作るのが安心です。いずれも、10分ほどおくか浸けておきましょう。

《治療》
現在ノロウイルスに有効な治療薬はないので、吐き気止めや整腸剤などを使った対症療法となります。
嘔吐や吐き気がひどい場合は、無理に食べずに、水分を少しずつこまめに摂っておくようにしましょう。飲めるようなら、イオン飲料などで脱水を防ぐと良いでしょう。