2015年2月記事一覧

花粉症について

2015年2月22日 |

《花粉症について》
今年もまた、スギやヒノキの花粉が飛び始める季節になりました。
花粉症とは、植物の花粉が原因となって、くしゃみ・鼻水・鼻づまり・目の痒み・涙目などのアレルギー症状を起こす病気です。
現在、日本人の25%が花粉症だと言われおり、今後はもっと増えると予想されています。

《花粉症によく使われる薬》
花粉が飛び始める少し前から、もしくは症状がまだ軽いうちに治療を始める初期療法が大切になってきます。
剤型としては、飲み薬、目薬、点鼻薬などがあります。
・抗ヒスタミン薬 
花粉症に主に使われるタイプの薬。くしゃみ、鼻水、目の痒みなどの元になるヒスタミンという物質をブロックして、症状を和らげます。
・抗ロイコトリエン薬
鼻づまりに効果が期待出来るので、抗ヒスタミン薬と一緒に使われることが多い薬です。
・メディエーター遊離抑制薬
花粉が体の中に入ってきた時に、アレルギー症状を引き起こす体内物質が出るのを抑えます。
・ステロイド薬
炎症(腫れ)を強く抑えるので、強い症状が見られる時に使われます。
・血管収縮薬
鼻の粘膜の充血を取って腫れを取り除き、鼻づまりを改善させます。即効性はありますが、使いすぎには注意が必要です。
最近では、2つの違った働きの成分を組み合わせた配合剤も出ています。

《花粉症を治せる!?》
現在「減感作療法」という、花粉症を根本から治せる治療法があります。
アレルギーの原因物質(花粉症なら、花粉のエキス)を少量から体に入れていき、少しずつ量を増やして慣れさせていくことにより、アレルギー反応を弱めていく方法です。
今までは注射による療法が中心でしたが、去年の秋に、スギ花粉の花粉症を治療する、シダトレンという薬が保険の適応となりました。
これは舌の下に自分で垂らして服用するので、注射の痛みがない、自宅で服用できるため通院の回数が少なくて済むなどのメリットがあり、注目されています。
ただし、花粉が飛び始めてから開始すると、スギ花粉と触れる量が増えてしまうことから、花粉が飛ぶ3か月前からの治療が必要です。毎年2月ぐらいから花粉が飛び始めるので、少なくとも11月以前に治療を開始することが望ましいでしょう。
また飲んですぐに効く訳ではなく、最低2年程度、毎日1回続ける必要があります。
興味がある方は一度耳鼻科やアレルギー科に一度ご相談されてみても良いのではないでしょうか。

ジェネリック医薬品について

2015年2月20日 |

*ジェネリック医薬品とは?

新薬の特許が切れたあとに、他のメーカーが同じ有効成分を使って製造、販売している医薬品です。

  • 有効成分の種類、量 ?用法、用量 ?効果、効能

以上の3点が、新薬と同じであることを条件に、国から承認されています。

 *メリットは?

ジェネリックのメリットは、何と言っても価格が安いこと。

新薬は、開発されるまでに莫大な費用や年月がかかります。ジェネリック医薬品は、その新薬の情報をもとにして効率よく開発するので、その分患者さまに安く提供できるのです。

また、高齢社会となった日本で、医療費を抑えるのにも貢献できるので、国の方針としても推進しています。

(ちなみに、現在ジェネリックに切り替えられる薬を全て切り替えると、年間1兆4千万円の医療費が節減できると試算されているそうです)

 *安全なの?

新薬と同じ効き目であることを確かめるために、いくつもの試験の実施が義務付けられています。ジェネリックはそれらをクリアしており、安心して使える薬です。

*違いはあるの?

薬の形、大きさ、色、味、添加物、製造工程

など、薬の効き目や安全性に影響を及ぼさない範囲のものは、違っていても良いこととなっています。

例えば、大きくて飲みにくい薬を小型化したり、飲みやすい味にしたり、と、新薬から工夫されているものも沢山発売されています。

また、添加物や作り方が違うので、稀にではありますが、アレルギーなどが起こる可能性はあるかもしれません。

 *どうしたら替えられる?

まずは、かかりつけの医師に相談し、薬局でもジェネリック希望であることを伝えましょう。中には、まだジェネリックが発売されていない新薬もあります。

薬剤師による薬についてのお話

2015年2月17日 |

娘の薬剤師が薬剤についてのトピックスを書いてくれることになりました。

お薬の飲み方など身近な話を載せていきたいと思います。

「お薬の部屋」 というタイトルで、不定期ですが更新してまいりますので、よろしくお願いいたします。

1